創業融資

開業をお考えの方へ

「ついに開業する!
まだ資金が足りないけど・・・」

そうお悩みの起業家さま。
きっと日本政策金融公庫がお金を貸してくれます。
私ども渕行政書士社労士事務所もチカラをおかしします。

サービス

私どものサービスのポイントは次の3つです。

  1. 自己資金の相談
  2. 創業計画書の作成支援
  3. 公庫への紹介状
(1)自己資金の相談

自己資金が全くないと、公庫から借り入れるのは難しいです。それでは自己資金とは何なのか、それは専門家でないと分かりません。

事業を個人でやるのか会社でやるのかで自己資金は違ってきます。また自己資金の形態が、預金口座なのか、お札なのか、それともお金でないモノなのかによって判断が微妙になってきます。さらに、他から借りてきたお金は自己資金に当たるか否かという問題もございます。

お客様の自己資金の状況を私どもが診断いたします。

(2)創業計画書の作成支援

お客さまが公庫からお金を借りる際、創業計画書という文書をつくって公庫に提出しなくてはいけません。創業計画書は、所定の用紙に、ご自分の動機やアピール・ポイントを書きこむほか、事業計画などの数字を埋めなくてはいけません。これは結構やっかいです。

創業計画書をテキトーに書いてしまってはダメです。テキトーな創業計画書を提出してしまうと、審査におちて融資をうけられなくなってしまいます。公庫は創業計画書を見てお客さまの本気を測っているのです。本気じゃない人に大事なお金は貸せません。

そこで私どもが代わりに創業計画書の原案をしっかりとつくります。とはいえ、何もないところから創ることはできません。創業計画書の元ネタはお客さまの頭の中にありますので、お客さまに私どもがヒアリングしてネタをお聞きします。そのネタをもとに創業計画書の原案をつくります。

私どもがつくる原案は下書きにすぎません。完成させるのはお客さま自身です。レクチャーの場で私どもから原案の内容を分かりやすくご説明し、お客さま自身の納得がいくまで案を練りなおします。是非ご一緒に創業計画書を完成させましょう。

(3)公庫への紹介状

お客様を公庫にご紹介します。具体的にはお客様が公庫に提出する書類に、私どもからの紹介状をつけます。紹介状をつけることで優先的に審査してもらえる段取りになっています。

このほか付随サービスもございます。くわしくはお会いしたときにご説明します。

プライス

お客さまは、おそらく値段についてお気になさっていると思います。私どもは、ご提供するサービスの対価として、融資実行額の4%の手数料をいただきます。たとえば融資実行額が200万円であれば、手数料は8万円です。計算式で書きますと下図のとおりです。

fee

手数料は融資実行後にいただきます。

万が一審査におちて融資をうけられなかったら。手数料は一切いただきません。

所要期間

公庫への借り入れ申し込みから融資の実行まで最短で2週間、通常は3週間ほどかかります。

公庫への申し込みの前に準備すべき書類の作成期間を含めますと、当事務所での初回面談から融資の実行まで1か月程度かかると考えてください。

特定の日付までに開業したいとお考えのお客様は、早め早めにご相談ください。

お客様にしていただくこと

私どもに依頼くださる場合に、お客さまにしていただくことにつきましては、くわしくは直接お会いしてご説明しますが、順をおって概略を申しますと以下のとおりです。

(1)「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

1contact「お問い合わせフォーム」はこのページの下のほうにあります。必要事項をご記入のうえ送信してください。

送信いただくと直ちに自動返信メールをお送りします。その後、遅くても翌営業日までに担当者からご連絡します。

(2)ヒアリングのため当方のオフィスにご来訪ください。

2hearingヒアリングにご協力にいただくため、ご予約のうえ当方のオフィスにお越しください。

場所は東京都心、青山一丁目駅から神宮外苑イチョウ並木に向かって歩いて3分。港区北青山1-4-1ランジェ青山1006号室です。

お客さまが既にオフィスを構えている場合はこちらから伺うこともできます。

遠方の場合はスカイプによるヒアリングも可能です。

ご来訪いただける場合はご予約のうえお越しください。

ここまでは無料で対応させていただきます。

(3)設備資金の見積書を集めてください。

4document創業計画書を作成するにあたって、購入予定金額を証明する資料が必要となる場合があります。

具体的には、必要な設備資金の金額を示す見積書を購入先に出してもらいます。

(4)レクチャーのため当方のオフィスにご再訪ください。

7lectureここまでで集まった情報をもとにして、当方にて創業計画書の原案をつくります。

原案ができあがる目途がたちましたら、お客さまにご連絡しますので、当方のオフィスにご再訪ください。

原案の内容をレクチャーいたします。ご理解・ご納得いくまで案を練り直します。

そしてお客さま自身の手で創業計画書を完成していただきます。

このプロセスは客様にとって面倒かもしれませんが、次の段階をクリアするために必要なのです。また、お客さま自身が事業に成功するためにも必要です。

完成した創業計画書は、関連書類とともに当方から公庫に提出いたします。その際に行政書士からの紹介状を同封することがあります。紹介状をつけることで優先的に審査してもらえる段取りになっています。

(5)面接のため公庫を訪問してください。

7jfcお客さまのもとに公庫から呼び出しがかかります。運命の代表者面接です。

東京23区内の場合、お客さまのご希望に応じて当方の担当者が同行いたします。その場合でも当方は黙っています。面接はお客さま自身がお話しいただくことになります。

この面接では、お客さまご自身が公庫の担当者から質問を受けて、これに直接答えます。受け答えの内容次第で融資の可否が決まります。いわば面接試験です。

話し下手でも構いません。この面接はお客さまの話芸ではなく本気を確認するものだからです。

もし創業計画書を他人まかせにしていたら面接でバレます。すると本気を疑われて審査に落ちます。でも大丈夫。お客さま自身が創業計画書を完成させているので面接は必ずうまくいきます。

(6)融資決定!

dreams_come_true面接を終えましたら結果を待ちます。

融資決定の連絡がありましたら、おめでとうございます! お客さまの夢への第一歩が始まります。公庫の指示にしたがって口座の準備などを進めてください。

お客さまの口座に公庫からの貸付金が入金されましたら、当方への手数料をお振込みください。

面談ご予約

料金は後払い完全成功報酬初回相談無料です。お気軽に面談をご予約ください。

面談のご予約につきましては次のフォームから送信してください。ご質問も受け付けています。

どうぞ宜しくお願い致します。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

開業地
東京都神奈川県千葉県埼玉県その他の道府県-
事業内容(必須)

ご用件
面談ご予約ご質問その他
メッセージ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする